JR福知山線の脱線事故の顛末

2007/9/13, 0:34 by Gen

R0015997

 2005年にJR西日本、福知山線の脱線事故が起きたとき、若かりし自分はいろいろと書いた。事故原因と責任を人称(具体的な個人=運転手)に割り振るのではなく、システムとしての原因を考えよう、と。事故調査委員会が出した結論と、それに対するコメントがこちらの記事に載っていたので、かんたんに要点をメモ。やっぱり運転士の責任という結論を出していたのか、という印象。

1.事故調査委員会は、「運転士のスピード・オーバーがこの事故の根本原因だとした」。
2.「この最終報告書が「鑑定書」となって、JR西日本の刑事責任は問われないことになる可能性が高い」。

この記事の筆者が考えるに、

3.「この事故は「脱線」ではなく「転覆」であって、不確定要素をほとんど含まずに、既に提唱されている理論に沿って力学的にその転覆限界速度を求めることができた」。
4.脱線が生じたカーブの半径は304mだった。理論上の転覆限界速度は、106km。運転士が出したのは、105kmをすこし超える速度だった。
5.もしカーブの半径が600mであれば、転覆限界速度は時速148kmであり、事故がおきることはほとんどなかっただろう。
6.「この線路はもともとカーブ半径600mと緩やかだったのに、1996年12月に付け替えられた際に半径304mとなったという。なぜ半径600mを廃止してわざわざ同304mにしたのか、報告書はその意思決定プロセスの分析を放棄している」。
7.さらに、事前に転覆限界速度が運転士に伝えられていなかった。

筆者はこう結論づける。

>>Read the rest of this entry

Tags 社会(学), 科学/認知/進化/環境/身体 | No Comments » | 12,363 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=226
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 4 out of 5)
Loading ... Loading ...