痛みの意義を説明しなかった安倍(元)首相

2007/9/15, 0:58 by Gen

future / still to go

Ricoh GX100 / Roppongi Midtown / Tokyo

 安倍辞任とこれからの方向性について、前記事のコメント欄と一部重複するけれども、エントリ起こしてみます。支持率が低下したのはなぜか?安部元首相の人格的未熟さという理由以外に、BloombergのW・ペセックが指摘した、経済的な理由が、あまり強調されていないけれども、かなり大きかったのではないかという気がする。強調部は引用者のもの。

 安倍首相が12日、辞意を表明するやいなや、評論家らはさまざまな辞任の理由を並べ立て始めた。外交手腕の弱さ、スキャンダル、閣僚の失言、何でもありだ。だが、安倍首相の破滅のもとは経済に尽きるだろう。(中略)

 5年間、「日本株式会社」の改革に取り組んだ後、2006年9月に小泉氏は改革の継続を安倍氏へと託した。だが安倍首相にとって最大の過ちは、日本の景気回復を当然と考えたことだ。(中略)

 安倍首相は、改革論者の起用を避けた。マスコミは政治資金問題などによる閣僚の辞任ばかりを取り上げたが、本当の問題は、戦後最も長期にわたる景気回復期において家計が疎外感を募らせたことだ

 「住民税なんでこんなに増えてるんだよ!医療費なんでこんなにかかるんだよ!それなのに年金問題だと?お金のスキャンダルだと?ふざけるな!改革のための痛みなら我慢できるけど、痛みだけ残ってぜんぜん改革してへんやんけ!」

と、構造改革に伴う痛みが必要な理由をきちんと説明できず、なおかつ政府が金銭的にきちんとしていないという印象を与えるような数々のスキャンダルが噴出した点が痛かったのかな、と。「民だけ苦しんでいる、格差が広がっている!」的な。年金問題含め、スキャンダルは支持率低下の本質的理由ではなかった。痛みの理由を説明されないのに、スキャンダルが噴出したので、人々は安倍を支持しなくなったのだ。思えば安部ちゃんは、経済的政策について明確な信念を何も語っていなかったし、成果をきちんと伝えていなかった。痛みの意義を何も知らされないまま、痛みだけが降ってくる状況。そりゃあ、国民は怒りますよね。

 日本は人口減社会だ。内需は悲惨な状況だ。格差社会だ格差社会だと騒がれているが、格差社会を生んだ本質的理由は、政府の政策にあるのではない。世界各国で、格差拡大という現象が生じている。グローバリゼーションにうまく乗ることができた大企業は、過去最高収益を記録した。他方、内需頼みの企業は、相対的に賃金の安い状況に置かれている。ポイントは、グローバリゼーションに乗り遅れてしまった国内の大多数の企業が、いかに海外の活力を取り込むことができるのか。いかにそのことを支援できる政策を作れるのか。グローバル化する現代社会では、格差現象は必然的に生じるのだが、いかにセーフティーネットを整備できるのか。痛みを我慢できるだけの、目に見える改革の成果を、いかにわかりやすく示すことができるのか。さらにいえば、いかに内需を盛り上げることができるのか。グローバリゼーションに乗り遅れてしまった企業の生産性をいかに向上させることができるのか(生産性が一番大事です)。さらにさらにいえば、非正規雇用者の賃金や社会福祉をいかに保障できるのか。新卒採用マンセーな現状を打破し、労働市場の流動性をいかに確保できるのか。いかに移民の活力(生産性)を取り込んでいけるのか。

 生活(お金=経済)の問題が、実感として、一番大きいのは間違いないだろう。海外の活力を取り込むためには、法人税減税はやむを得ないのではないかと思う。また、財政再建のためには、消費税増税はやむを得ないのではないかと思う。ただし、次の首相は、その「痛み」が必要な理由を、そしてその「痛み」がどのような改革的成果に結びついているのかを、明確に国民に説明できる必要がある。 また、インフレは二極化して進んでいるとの指摘もあるので、一括して消費税を上げるのは正しくないだろう。以下、法人税と消費税の国際比較の表とグラフを、おかねのこねたさんの記事より引用させていただきます。

 日本はゆるやかに美しく朽ちている。新自由主義やグローバリゼーションや財政再建から逃げてはダメだ。それらをmanageしなければならない。次のリーダーには、「痛み」の意義を明確に示しながら、改革を断行してほしいと願ってやまない。そしてその責をまっとうできるリーダーは、少なくとも、小沢一郎ではない(参照)。

Tags 法/政治, 経済/投資 | | 5,640 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=227
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 4 out of 5)
Loading ... Loading ...


 Amazon Related Book Search

Leave a Comment

Please note: コメント欄で引用をおこなう場合に、blockquoteボタンを利用されると便利です。スパムフィルターが設定されているため、管理者の承認があるまで投稿が反映されない場合があります。気になる場合はamourix@gmail.comまでメールでお知らせください。