Re: Election

2007/7/31, 19:59 by Gen

 遅ればせながら選挙雑感。ごくごく簡単に。まず、自民党の敗因についてはコンセンサスができているというessaさんの分析は、おそらくそのとおり。組織選挙主体の方法論が崩れつつある(参照1参照2)。小泉改革によって、皮肉にも、自民党が頼っていた土建政治が機能不全に。加えて、安倍首相という政治家への人格不信も大きかった。安倍さんは「小泉改革のもっとも大事な点である「国民感情」のコントロールを軽視」してしまった(参照)。なぜかといえば、安倍首相は、「ただ一方的に自分のことを説明しているだけだから」であり、ある政策を実行する際に、「『そうは思わない』人々に対して言葉を尽くして理解してもらおうというマインドが決定的に不足している」(参照)から。民主党が積極的に票を集めた側面はきわめて薄いと思う。

 個人的には、政治家の人格にそれほど関心が無く、政策ごとに判断しているので、失言とか信認とかはどーでもいいんですが、別に政治家の人格を重視することが悪いとはまったく思わない。そういう判断の仕方をする人がいてもぜんぜん不思議ではない。みんなちがう社会。平野啓一郎さんの「人間性を疑う」発言までくるとちょっとどうかなとは思うが。

 たとえば、教育基本法の改正(道徳教育の法的押しつけ)は全くナンセンスだと思う。でも、自分は自民党を支持している。なぜか?その問題は、自分にとって、政治的関心のプライオリティーがそれほど高くないから。自分にとっては、経済的政策が最優先事項であり、その点で自民党の政策パッケージの方が魅力を感じるから、自民党を支持している。ただそれだけのはなし。おそらく投資をやっているから、考慮する政策の優先順位が変わった。政策ごとに選べればどれほどいいことか。

 教育基本法改正のようなトンデモ案を主導する自民党を支持するなんて信じられない!みたいなことをリベラルな知人になじられたのだが、各人にはそれぞれ政策的優先順位があって、それにもとづいて判断しているはず。自民党を支持したからといって、自民党の全政策を支持したことにはならないし、安倍首相や自民党の政治家の<人格>をまるごと支持したことにもならない。そんな当たり前のことを忘れて、投票した者の<人格>を批判するのは良くない。人格至上主義はやめてくれ。

 みんながバラバラの利害関心をもっている。自分の利益を極大化させるように投票を行う。それで良いじゃん。みんなのエゴを投票行為を通じてバランスさせるのが政治というシステム。だから、自分は、たとえば土建屋が既得権益ズブズブの投票を行ったり、公務員が職を守ろうと民主党を全面的に支持したとしても、批判しようとはまったく思わない。自分のエゴを通そうと振る舞うのが選挙であって、その点を忘れて批判するのは良くないよ、やっぱ。いかに社会的に美しくなくても、選挙では、各人のエゴを通す権利が保障されているのだから。まぁ、批判する(他者を説得しようとする)のは良いのだが、「わたしは○○と思うよ」という形で批判して欲しい。つまり、その批判もあくまであなたのエゴだ、ということを自覚しながら批判して欲しい。リベラルな人間は偉大だと思うが、リベラルな人間はリベラルでない人間に対して極端に非寛容、という難問はある。

 さいごに。個人的には安倍さんは退任すべきだと思うが、彼に、法的に退陣する義務はない。つまりその判断は彼に任されていると思うので、声高になにかを叫ぶつもりはない。自分は、(自民党/民主党という)現状の政党の解体/再構築を促す方向へ政治的なエネルギーを注ぎたいと思う。小さな政府かつリベラル志向な政党を「個人的に」求めている。

Tags 法/政治 | | 6,818 Views | add to hatena hatena.comment 3 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=224
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 4 out of 5)
Loading ... Loading ...


 Amazon Related Book Search

Leave a Comment

Please note: コメント欄で引用をおこなう場合に、blockquoteボタンを利用されると便利です。スパムフィルターが設定されているため、管理者の承認があるまで投稿が反映されない場合があります。気になる場合はamourix@gmail.comまでメールでお知らせください。