可能性に満ちたセックスを構想する

2007/7/14, 4:34 by Gen

toward

 男性の勃起ないし射精には、いろいろなとらえ方がある。たとえば、「俺もう我慢できない!」といったように、勃起や射精を、生物学的な生理現象だと見る視点がある。生理現象としての射精は、生理現象としての排泄をアナロジーとして語られることが多い。「ヤリマン」や風俗嬢が「肉便器」と呼ばれるとき、このアナロジーが作動している。射精は排泄行為とされるのだから、セックスは女性を辱めるものになる。辱められているのに声を出して感じる女性は淫乱な存在だとされ、「暴力的に女性を支配するけれども、女性はそれを喜ぶ存在なのだ」という言説が誕生する。

 ところが、男性はセックスや勃起や射精を恐れてもいる。あるがままの生理現象としての射精や勃起は、男性の自尊心(男性性)を満たさないのだ。女性を感じさせたりイカせたりすることのできない男性は「男失格」の烙印を押されてしまう、という恐怖感につねに苛まれている。女性を「悦ばす」ことのできるテクニックを持っていることが、男性性の必要条件だとされる。男性は、「生理現象としての」勃起や射精を、自らの意志でコントロールしなければならない。ところが、自らの意志にかかわらず勃起や射精してしまったり、あるいは自らの意志にかかわらず勃起や射精しなかったりする。早漏や遅漏への恐怖、インポへの不安、短小包茎への罪悪感。射精や勃起が、先述したように生理現象であるならば、男性がそれらをコントロールできないことになる。しかし、男性はそれらをコントロールしなければならないと同時に感じてもいるのだ。

 勃起は、男性の支配力の象徴であると同時に、無力さの象徴でもある。そそり立つ男らしさの象徴であると同時に、自分がコントロールできない「他者」の象徴でもある。射精も同様だ。女性に「俺様の子供を孕ませる」射精は、男性の支配力の象徴となるのだが、発射してしまったとたんに男性はもはや女性に快楽を与えることができない無力な存在となる。だから、男性の支配力の象徴としての勃起や射精は、精液というあらたな記号を必要とする。

 「中だし」や「顔射」はあこがれの対象となりやすいのはこのためだろう。AVのフィニッシュは、大抵の場合「中だし」か「顔射」になる。「俺様」のはかなき支配力は、顔面にかけられた白い液体に託される。セックスというゲームを「中だし」か「顔射」で終わらせるかぎり、男性の勝利という結末は約束されるのだ。もはやコントロールする必要のない、物質として。あるいは、自分がコントロールできない、しかしコントロールしなければならない(女性に快楽を与える)勃起や射精を、もはやコントロールする必要のない物質としてあらわしたもう一つのものとして、バイブレータを挙げることもできるだろう。

 では、「フェラチオ」はどうだろう。フェラチオの場合、男性は自らのコントロールできない勃起や射精を、制御する必要はない。女性をペニスによって支配する=快楽を与える義務がないからだ。「セックスよりもフェラされているときの方が気持ちいい」と語る知人を何人も見てきたが、これはしごく当然のことだと言えるだろう。フェラチオで、はじめて男性は受動的な存在として快楽に没入することが許されるからだ。「エクスタシー」とは、コントロールする主体を喪失することなのだから。

 もちろん、フェラチオは「いやがる女性にむりやりさせる」といった支配的な側面を持っている。AVが描くフェラチオは、そのような支配的側面をくっきりとあらわす。だが、フェラチオに男根中心主義を抜け出すきっかけを見て取る人もいる。たとえば、『セックスなんてこわくない』で、田崎はこう語る。

 「本当にペニスを女の子の手に委ねてしまった場合に、男の子ははたして女の子をずっとコントロールして支配し続けるサディスティックな主体にとどまっていられるかどうか」。「フェラチオが開く快楽というのは二つの快楽が拮抗する。つまり、女の子を支配して所有する快楽と、逆に女の子に所有される快楽。相手に所有される快楽」。つまり、女性の膣に挿入するときの快楽は、支配としての快楽であって、女の子から与えられる、あるいは女の子と分け合うような快楽であるのかどうかは疑問だと。他方、フェラチオの場合、「ペニスは自分のものじゃない。しかし、それでもかまわないじゃないか」となる可能性があり、「ペニスは、自分で所有しているときよりも、他人によって所有されるときの方が、より多くの、あるいは、違った形の快楽をそこから引き出す、そういう源泉になるのではないか」と述べている。

 彼はフロイトの<前快感/目的快感>という快感の区別理論を持ち出す。目的快感とは、射精とか性物質の分泌、つまりクライマックスの快感。つまり、興奮から解放される快感。他方、前快感というのは、ある種の不快感みたいなものがつのっていくことが快感になり、もっと刺激を求めるような快感。耳を舐められたら、もっと他のところも触って欲しい、といった具合に。つまり、前快感は、もっと多くの興奮を求めて、より多くの刺激、より多くの緊張を求める快感。

 彼は言う。「ペニスというのも、射精する器官としては目的快感の場所だけれども、しかしまた愛撫されたりする場所としては、前快感の場所でもある。つまり、男がペニスを所有して女の子を支配するという快感は射精の快感であって、目的快感であるかもしれない。けれども、ペニスが女の子の所有物になるときに得られる快感というのは、ペニスをそのほかの性感帯と同じ前快感の場所にする」。「ペニスを他人の所有に委ねることによって、ペニスの快感の質が変わってくるのではないか」と。

 先に見たように、勃起と射精を最重視し、それらに自尊心を投影するセックスは、男と女が快感を分かち合うようなものではなく支配的な構造をとるし、また何よりも、当の男性自身がコントロール欲望とコントロール不可能性のあいだで引き裂かれて、快楽を十全に満たせるようなものではなかった。射精という「目的快感」を、(文字どおり)セックスの「目的」とするならば、男女がともに苦しむ構図から抜け出すことができないだろう。他方、ペニスの存在意義を、射精とするのではなく、ともにじらしあい高めあう前快感の器官とするならば、あらたなセックスないしセクシュアリティの姿が描けるかもしれない。

 では、理論ではなく実際の生活世界のはなしとして、本当にそのようなセックスは成り立つのだろうか。文化人類学的にいえば、成り立つかもしれない。一時期はやった「ポリネシアン・セックス」という言葉を聞いたことがあるだろうか。Wikipediaによると、ポリネシアン・セックスは、以下のようなものだとされる。

* 性行為は5日に1回程度とし、残りの4日は性器を刺激しない愛撫だけにとどめ気分を高める。
* 前戯に最低1時間かけ、また陰茎の膣への挿入後 30分はピストン運動を行わなず抱擁や愛撫に留める。
* オーガズムがあった後も、性器を結合させたまま抱き合う事でより気分を高める。

というもので、スローセックスの一種であるといえる。

 ポリネシアン・セックスは、「陰茎の膣への挿入後 30分はピストン運動を行わなず抱擁や愛撫に留める」のだから、少なくともこの間は、前快感的なセックスが実現されているといえるかもしれない。「一体感や愛情を中心とした恍惚感が得られます」というメリットの宣伝が多いようだが、ここで疑問が生じる。

1.結局、最後はイク(オーガズムでフィニッシュとする)んじゃん。射精抜きにフィニッシュするセックスはありえないの?
2.「愛情を感じ合う」ために、抱き合ったまま動かないのだとしたら、愛という目的にセックスを手段として従属させることにならないか。相手のことが好きだからセックスするわけじゃなく、恋愛的な文脈から自由になり、純粋に性の快楽に没入したい人間もいるのだが(この前の記事で書いたように)、そういう場合、前快感的なセックスは可能なのか。

 上記の疑問への答えは、すぐに思いつくわけではないから、今日書くことはできない。別の視点から問題を提起してみよう。根っからの社会構築主義者は「生物学的言説」を忌み嫌うかもしれないが、進化論的にいえば、性的興奮は、オーガズム=射精=妊娠=遺伝子の増殖、を目的としている。射精をすれば性的欲望が沈静化する。これは社会が構築した現実ではなく、生物学的な現実だ。古代ギリシア時代からオナニーはつねに社会のテーマだった。射精と生殖がもつ生物学的な背景は、社会構築主義が簡単に退けられるものではない。

 しかし、人間は、進化に規定されると同時に、文化を創造してきた。進化論的に○○であるからといって、その○○があるべき「自然な」形ということにはならない。たとえば、食欲は進化論的に生み出された。動物である人間は腹が減る。でも、腹が減っていて、お金がないからといって、万引きしても良いということにはならない。

 進化論的な言説を、人文・社会科学系にコミットする人間は、忌み嫌う傾向がある。だが、問題は、それが本当に進化的に規定されているかどうかを疑うことではない(それは生物学者の仕事だ)。大事なのは、「進化的に○○だから○○が自然だ=望ましい」とする言説を疑うこと、つまり進化論的現実を引き受けた上で、そのような現実とは別様にありうる人間の豊かな可能性を構想することなのだ。

 では、セックスについてはどうだろう。疑いなく、進化論的に、セックスは生殖と結びついている。生物学的には、セックスは、イク瞬間=射精=生殖のために存在している。

 しかし実は、生殖に結びつくセックスと、快楽に結びつくセクシュアリティを区別して考えることが可能だ。人間の文化的創造力(想像力)を通じて、別様にありうるセックスを構想していくことが可能だ。生物学的事実を引き受けた上で、「自然」という言葉のもつ規範性(の押しつけ)を疑い、オルタナティブを考えることができる。そのような試みの一つが、田崎さんが描いた、目的快感ではなく前快感にこだわるセックス(女の子と分け合うような快楽)だったのだと思う。他には、たとえば、フェチシズムや、ゲイ/レズ/バイセクシュアルのセックスは、(生殖という生物学的文脈を離れた)豊かなセックスを構想するヒントに満ちている。一般的に奇妙に思われる性のあり方のほうが、豊穣な可能性の宝庫となっている。いつの時代であれ、どの領域であれ、可能性を提供してきたのはつねにマージナルな者たちだったのだ。自分にはどのようなセックスを愉しむ余地が残されているのだろう。このBlogでも、折りにふれて、セックスの可能性を構想していこうと思う。

 最後に、彼の本に書いてあった、とても素敵な言葉を引用して結論にかえさせてください。

 コンドームをしてセックスをすると快楽が少ないというのは何なのかというと、快楽の探求の仕方が貪欲じゃないのではないか、ということなのです。

Tags 恋愛/セクシュアリティ | | 16,427 Views | add to hatena hatena.comment 13 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=219
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 votes, average: 4.75 out of 5)
Loading ... Loading ...


 Amazon Related Book Search

One Response

  1. quon Says:

    最近付き合い出した彼にポリネシアンセックスについて話してみようと思って検索してたらたどり着いたの。彼はSEでもうすぐ25歳。私34歳。メンタルクリニック門前の薬局勤務。薬剤師。臨床心理学に興味あり。

    面白い人ね。どのカテゴリも学問的センス溢れるものばかり。文章に残すって素敵。写真も表面はクールだけどテーマがしっかり伝わる。報道写真展、私も行った。
    一緒にお酒飲んだら楽しそうだわ。ダーリンを寝かしつけた後にでも。mixiはやってないのでお気に入りにいれときます。

Leave a Comment

Please note: コメント欄で引用をおこなう場合に、blockquoteボタンを利用されると便利です。スパムフィルターが設定されているため、管理者の承認があるまで投稿が反映されない場合があります。気になる場合はamourix@gmail.comまでメールでお知らせください。