えらぼーと

2007/7/8, 18:11 by Gen

 参院選ネタふたたび。毎日新聞社の「えらぼーと」が面白い。普段の生活が忙しい場合、各政党・各候補者の主義主張(政策的優先順位)をわざわざ丁寧に咀嚼する余裕はないわけで、この種の(政党・候補者と有権者の問題意識を接続する)インターフェースは、より巧みに・精緻に整備されてしかるべきものだと思う。できれば、毎日新聞1社だけが実施するのではなく、他社によるインターフェースも準備されるとか、あるいはこの種のインターフェースが本当に正確なものであるのかどうか分析する人間が現れると良いのだと思う。(選択肢に政治的アジェンダを矮小化してしまう危険性はあるのだろうが、そもそも、先鋭的な問題意識を持っている人間はこのようなものを利用しないだろうし)。ちなみに‥

1.選挙で最大の争点→「財政再建」
2.所得格差が拡大していると→「思う」
3.格差社会是正のための対策で重要だと思うもの→「非正規社員の労働基本権の実質的な確保」
4.都市部と農村部の地域間格差→「地域の自立度を高める施策を立てるべき」
5.ふるさと納税→「導入すべきではない」
6.憲法を→「改正すべき」
7.9条を→「改正すべき」
8.9条と自衛隊の関係について→「専守防衛を前提に、自衛隊の保有を憲法に明記すべき」
9.現憲法下での集団的自衛権の行使は認められるか→「認められない」
10.安倍首相の靖国参拝の態度表明→「態度をはっきりさせる必要はない」
11.靖国参拝すべきか→「すべきではない」
12.日本の核武装について→「今後の国際情勢によっては検討すべき」
13.道徳教育の強化は→「反対」
14.ゆとり教育見直し→「賛成」
15.消費税の引き上げについて→「福祉目的に限定して引き上げるべき」
16.基礎年金の財源確保の方法としてふさわしいもの→「他の財政支出の削減」
17.基礎年金の財政確保の方式→「年金方式がよい」
18.地球温暖化対策の2050年までに半減という数値目標について→「もっと近い年次の目標を立てるべき」
19.政治とカネの経費の透明化について→「5万円以上の場合に領収書のコピーを添付すればよい」
20.官民人材交流センターへの一元化は天下り対策に効果があるか→「ある」
21.地方分権は進んでいるか→「地方の受け皿が整っておらず進んでいない」

で、

 公明党かよ…。ブレア元首相も述べていたように、政党の組み合わせはもっと柔軟に・流動的になって欲しいものだ。自分の問題意識を比較的正確に反映できる政党が存在すれば、政治的無関心は起こらない。数字のマジックもあるようだ。

# これやった。56%で新党日本だった。
# なにそれ、と思ったら、これも数字のマジックで、要するに新党日本は立候補者数が少ない(2人?)ので、政策一致度が100%になる設問が多いため他より相対的に点数が高くでるわけ。ちなみに、自民党最大公約数の回答をしても71%がせいぜいだったが、新党日本だと88%まで行く。
# というわけで、やって意味があるのは事実上自民か民主かということになるわけだが、(参照)

Tags 法/政治, 日々のよしなしごと | | 2,054 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=212
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


 Amazon Related Book Search

Leave a Comment

Please note: コメント欄で引用をおこなう場合に、blockquoteボタンを利用されると便利です。スパムフィルターが設定されているため、管理者の承認があるまで投稿が反映されない場合があります。気になる場合はamourix@gmail.comまでメールでお知らせください。