(笑)について

2006/11/30, 21:06 by Gen

 典型的には携帯電話でメールを打つ場面を思い出してほしい。「まぁ、今度二人で飲もうよ(笑)」という文章、むず痒くてしょうがないだろう。痒すぎる。「飲もうよ」と言い切るのも不安で、でも(笑)を付けるのも躊躇われて、悩んでしまう、小一時間。(笑)の恥ずかしさを少しでも減らすために「飲もうよ。笑」にしてみたり、「飲もうよw」にしてみたりするのだが、根本的な事態は一向に解決しない。では、(笑)にまつわる根本的な事態とは何か。それはコミュニケーションの2次元性の問題だ。 

 「テクノロジーの発達とともに、わたしたちの社会はますます無音声化する」と誰かが言っていた。たしかに、インターネットは書き言葉のパラダイスを生み出した。「無音声化」とは、ある場所に精神だけが宿り、身体が消えてしまうことに他ならない。一見、コミュニケーションは精神の産物だと思われがちだが、実はそうではない。「愛してる」と言われても、相手の顔がシラけていれば、その発言は嘘だとわかる。「この馬鹿め」と言われても、相手が笑っていれば、冗談だとわかる。言葉それ自体よりも、相手の身体的振る舞いを手がかりとして、わたしたちは誰かとコミュニケーションをはかっている。携帯電話のメールが辛いのは、それが相手の身体的手がかりを何一つ伝えてくれないからだ。苦肉の策として生み出されたのが(笑)であり、これは擬似的な身体的手がかりを伝えている。「言葉×(笑=身体情報)=相手の言いたいこと」というわけだ。そもそも、(笑)は「笑う」という身体的行為を指し示している。ここまではまぁ、当たり前の話。

 そう、コミュニケーションは精神と身体という2つのチャネル(回路)を持っている。2つのチャネルを持っているからこそ、肯定と否定、欲求と謙虚さを同時にあらわすことができる。2つのチャネルがあるからこそ、コミュニケーションはトゲトゲしくならずに済む。デートに誘われて「別にいいよ」と言いながら(←肯定)顔がこわばっている(←否定)彼女。「飲み行こうよー」と言いながら(←欲求)、(笑)を文末に付ける(←謙虚さ)彼氏。この前書いた「粋」な態度もそこから生まれてくる(言葉での/身体的な「媚態」×言葉での/身体的な「意気地」)。昨今流行りの「空気読めよ」というフレーズも、要は「身体的情報をもっと重視しろ。言葉による情報を鵜呑みにするな」と言っているのだ。

 もちろん、この肯定と否定を同時に実現するコミュニケーションは、かつてグレゴリー・ベイトソンが『精神の生態学』の中で「ダブルバインド」という概念を用いて描写したように、時には悲劇(分裂病)を生んでしまう。

 専門的に言えば、「言葉による肯定」と「身体的振る舞いによる否定」が同じ論理レベルに位置していると誤って認識してしまった場合、悲劇が生じる。「身体的振る舞いによる否定」は、「言葉による肯定」に対してメタ・メッセージの位置を占めている。つまり「言葉による肯定」を、「身体的振る舞いによる否定」がより上位の次元から打ち消している(したがって答えは「No」)と認識できれば問題は無いのだが、両者が同じ次元に位置していると誤って認識すると、(Yesなの?Noなの?と)混乱してしまう。そもそも、論理レベルの異なるものが同じ論理レベルに位置していると誤って認識してしまった場合に、パラドックスが生じるのだ。

 時には悲劇を生むとはいえ、肯定と否定を、言葉チャネルと身体チャネルによって同時に実現することこそが、コミュニケーションの機微(奥ゆかしさ)といえるだろう。言葉チャネルと身体チャネルが揃ったとき、はじめてコミュニケーションは立体的になる。インターネットのコミュニケーションに奥深さが欠けているとすれば、それは身体チャネルが存在しないためだろう。どちらかが欠ければ、コミュニケーションは平板になってしまう。

 最後に、(笑)について再び。(笑)は書き言葉の世界で身体チャネルを実現する苦肉の策だ。ただ、(笑)は手垢にまみれて恥ずかしい表現だ。(爆)ほどではないにせよw。もっと多様な表現方法はないものだろうか。書き言葉の世界で身体的振る舞いを表現する技法、すなわち言葉チャネルにおいて身体チャネルを実現する技法、これをもっと開発せにゃならんだろう、と思う。なぜその技法が必要かと言えば、肯定と否定を同時に実現するには、身体チャネルが必要不可欠だからだ。(笑)のような擬似的身体チャネルが無ければ、立体的なコミュニケーションが不可能になってしまうからだ。(照)でも(泣)でも(^_^;)でもm9(^Д^)でもなく、何か良いアイデアはないだろうか。手垢にまみれていない表現はないだろうか。アイデア下さい(笑)

Tags 科学/認知/進化/環境/身体, 思想/哲学/言語(学) | | 3,275 Views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=154
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5 out of 5)
Loading ... Loading ...


 Amazon Related Book Search

Leave a Comment

Please note: コメント欄で引用をおこなう場合に、blockquoteボタンを利用されると便利です。スパムフィルターが設定されているため、管理者の承認があるまで投稿が反映されない場合があります。気になる場合はamourix@gmail.comまでメールでお知らせください。