別れたあとの、むなしさ

2005/7/15, 15:03 by Gen

00:00:01
 たとえ幻想でも誤解でも狂気でも、人を丸ごと包んだり包まれたり、傷つけたり傷つくようになってから、自分の立場が決定的に弱くなった気がする。昔はもっと自由だった。恋愛もゲームの観点から捉えれば、かつては振られることがあまりなかったけど、最近もっぱら「負け」がこんでいる。でもなぁ、あまり悔しくはないな。なんか不思議と、孤独じゃなくなったんだよな、昔に比べて。他者がそばに居てほしい。誰かと誰かと、バカみたいな些細で幼稚なことに耽っている瞬間を、とても慈しみたくなる。孤高の研究生活なんて、絶対にできやしない。戦う場所があって、帰る場所があって、そのどちらでもない自分に沈む場所があって、それらがお互いに不真面目な綱引きをしていて、頬を緩ませたり、汗をかいたり、吐きそうになったり、眉間に皺を寄せたり。毎日似たような繰り返しで循環している、でも少しだけ意味あいが更新されていって、らせんを描きながら流されるとき、誰かが、居てほしいんだよな。そこに。

Tags 恋愛/セクシュアリティ | | 2,125 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=132
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5 out of 5)
Loading ... Loading ...


 Amazon Related Book Search

Leave a Comment

Please note: コメント欄で引用をおこなう場合に、blockquoteボタンを利用されると便利です。スパムフィルターが設定されているため、管理者の承認があるまで投稿が反映されない場合があります。気になる場合はamourix@gmail.comまでメールでお知らせください。