歴史認識いくつか

2005/5/23, 15:42 by Gen

02:56:17
 友人のパーソナル日記のコメント欄に書いたものを、せっかくだからコピペ。

  • 歴史認識において肝要なのは、「事実における客観性」から「関係の客観性」への意味転換。「関係の客観性」とは、事実と解釈の間、過去と現在と未来の間の客観性のこと。
  • わかりにくい。
  • 過去の歴史家が記述した歴史(史料)が、現在の歴史家にとっての史料となる。すなわち、「歴史家自身が歴史過程の一部分」である。
  • 「過去はつねに現在歴史家がおかれている現在に生きている」
  • 「過去が現在に生きる歴史過程と、過去が死んで現在が生まれる自然過程を区別せよ」
  • 歴史とは、「時代が新たに提起する問題を証拠と推論によって解決する、学問的認識方法のひとつである」
  • 「歴史の事実は、人間とともにある」

 はい、「歴史=物語」論以降、最近の歴史認識論を追っていないので、よくわからないです。どなたかご教示を‥(ちなみに上記の論点はE・H=カー中心)

Tags 歴史/宗教 | | 2,419 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=110
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


 Amazon Related Book Search

Leave a Comment

Please note: コメント欄で引用をおこなう場合に、blockquoteボタンを利用されると便利です。スパムフィルターが設定されているため、管理者の承認があるまで投稿が反映されない場合があります。気になる場合はamourix@gmail.comまでメールでお知らせください。