人が「立法者」になるとき

2006/12/1, 21:08 by Gen

 J=ピアジェという偉大なスイスの児童心理学者がいた。彼の素晴らしいところは、一流の実証実験もさることながら、実験結果から一流の社会科学的洞察を導き出したところだ。そんな前書きは別に良いのだが、彼は「大人は真の意味で道徳を子供に教えることはできない」と主張した。何か社会的事件が起きる度に「親の育て方・家庭環境が悪い」系の議論が出てくるのだが、いつも、ピアジェの議論が頭をよぎる。 子供の道徳が成長に従って進化していくことを彼は示した。要点だけ抜き出せば、子供の道徳は、「拘束の道徳」から「協同の道徳」へと進化するのだ。「拘束の道徳」段階にある子供は、規則を絶対的なもの、修正不可能なものと見なす(「道徳実在観」)。この段階では、善悪は規則に対する服従・不服従と同一視される。道徳は義務となる(「義務と他律」)。また、責任に関しては、行為の動機ではなく行為の結果が重視される。

>>Read the rest of this entry

Tags 法/政治 | No Comments » | 1,901 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=155
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5 out of 5)
Loading ... Loading ...


Page 3 of 3«123