科学と学問と真理

2006/2/14, 20:58 by Gen

 たまには大げさなタイトルを冠して。科学は普遍的(不変的)な「真理」を明らかにするのか。これには膨大な研究があるから省略するが(初歩的なところでは理論負荷性の話とか)、科学は、どうやら「真理」という客観的実在を明らかにするものではなさそうだ。では、学問は「真理」を明らかにするのか。これもどうやらそうではなさそうだ。たとえば社会科学では、研究者自らが研究対象に組み込まれてしまっているのだから。 では、学問における「真理」とは何か。うちの盛山大先生いわく、「真理」とは経験的実在ではなく、理念的実在である。学問とは、「真理」という理念につかえる営みの共同体空間である。「科学」とは、(「真理」という理念につかえる)規範的なものであり、事実的なものではない。逆に言えば、「真理」という理念を放棄したとき、科学をはじめとして、あらゆる学問的言説が意味を失ってしまう。

 これはどうやらスッキリしている解決方法。「真理」とは経験的・客観的な実在ではなく、学問(科学)という共同体を支える唯一の規範なのだ。「真理」という価値を探求することを通じて、さまざまな研究が有機的に結びつき、ひとつの共同体――アカデミックな共同体――が成立する。

 事実(~である)と規範(~すべし)は区別しなければならないと、M=Weberも言っている。ところが、この2つを区別しろという命令そのものが、規範的なのである。<事実/規範>という区分が規範的なもののなかで統合されてしまっているのだ。「真理」とは、科学を支える前提条件なのである。うーむ。これに反論したいが、ロジックが見つからない。。

Tags 社会(学), 科学/認知/進化/環境/身体 | No Comments » | 2,312 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=150
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


金持ち父さん

2006/2/13, 20:57 by Gen

 息抜きに1時間で読み干した『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』。かなり前にベストセラー化してた本ですね。要約したらA4一枚で済む内容が300ページにわたって述べられているという如何ともしがたい冗長さ目をつぶれば、それなりに面白かったですよ。 まぁここに軽く内容が載っているのですが、この本は人間の生き方を E, S, B, I の4つに分類する。Eはemployeeつまり従業員。一般的なサラリーマン等々。Sはself-employedつまり自営業者。これは自分の能力と引き替えにお金を得ている人たちを指し、たとえば医者や弁護士なんかもここに含まれる。Bはbusiness-ownerつまりビジネスオーナー。Iはinvestorすなわち投資家。

>>Read the rest of this entry

Tags 経済/投資 | No Comments » | 2,057 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=149
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...