都市化する世界part.3

2007/7/9, 23:42 by Gen

 都市化する世界part.1part.2の続き(これが最後)。経済、政治、文化の側面、そして変動のダイナミズム。抄訳・意訳満載のため、正確性を求める場合はEconomistの原文を。下線部は訳者がintriguingだと感じたところ。

amorous escalator

>>Read the rest of this entry

Tags 国際関係, 社会(学) | No Comments » | 4,662 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=215
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 3 out of 5)
Loading ... Loading ...


都市化する世界part.2

2007/7/8, 22:14 by Gen

 都市化する世界part.1のつづき。今回のレポートの副題は、「人々は都市の不潔さを地方の絶望よりは好む」。下線部は訳者がstrikingだと感じたところ。

>>Read the rest of this entry

Tags 国際関係, 社会(学) | No Comments » | 2,480 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=214
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


都市化する世界part.1

2007/7/8, 21:32 by Gen

 少し古いのだが、Economist誌May5th号に、都市化する世界についての17ページの特集レポート(”The world goes to town”)が載っていた。忘れないように、その中からimpressingなデータと記述を抜き出しておきます。微妙に突っ込みどころもある記事ですが。長くなってしまったので、数回に分けて載せます。現代の世界における「都市」の問題を考えたい人にとっては面白いはず。意訳・抄訳中心なので、詳細については原文を。

>>Read the rest of this entry

Tags 国際関係, 社会(学) | No Comments » | 2,517 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=213
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


地球温暖化問題の社会的プロスペクト

2007/6/10, 17:14 by Gen

 温暖化をどのようにして抑制するか。二酸化炭素の排出量削減は優等生的なソリューション。いわば、消極的温暖化抑制策。他方で、ちょっと悪ガキ的な、積極的抑制策も考えられているという。詳しくはEconomistのPlan B for global warming?という記事を読んでもらえれば、アメリカ人らしい発想に驚嘆すると思う。

 曰く、”geo-engeneering”という手法を用いて地球をむりやり冷やしてみせるのだとか。たとえば、宇宙のラグランジュ点(重力が釣り合う点)に小型の宇宙船を20mトンくらい浮かべて(パラソルのようにね)、地球に当たる太陽光を1.8%削減しようという計画。NASAは真剣に検討中。あるいは、地球の大気中に粒子をばらまいて、太陽光を拡散させようという作戦(実際に1991年にはピナトゥボ山の火山灰によって地球がcoolingされたことがあったという)。ほかには、海水を空気中にまいて雲を作ってしまう方法。あるいは、砂漠にシートを引いて太陽光を宇宙へと跳ね返してしまう計画。さらにすごいのは、大気中に放出された二酸化炭素を、北極と南極の上にある磁場(オーロラで有名ですね)をコンベアーとして利用し、宇宙まで出してしまおうとする計画(詳しく)。

 さて。このように悪ガキ方法論たちにはドキワクさせられるのだが、やはり一番実効性が高いのは、二酸化炭素排出量削減というスキームだ。やはり優等生は強い。優等生について大変分かり易く端的にまとめてある記事を先週のEconomistで見つけたので、抄訳します。「どの代替エネルギーが有望か」といった技術的側面は別の機会に書くとして、今回は社会的側面について。そういえば先週のEconomistは30ページ近い温暖化問題に関する集中リポートが載っていて、すこし辟易したなあ。以下、背景知識の補足、Economist記事の抄訳、コメントの順に。

angkor watt skye
>>Read the rest of this entry

Tags 国際関係, 科学/認知/進化/環境/身体 | No Comments » | 3,985 Views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=190
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5 out of 5)
Loading ... Loading ...


ブレア首相の独白(Economist-”What I’ve learned”)

2007/6/10, 12:07 by Gen

 お久しぶりです、お元気ですか。早速ですが、先週のEconomist誌に思わず膝を叩いてしまった記事がいくつかあったので、順に紹介していこうと思います。(先週以前のものでも面白い記事を順次紹介していきます)

 イギリスのブレア首相は来る6月27日に退任予定ですが、彼がEconomist誌に寄せたエッセイ”What I’ve learned”の言葉には重みと力がありました。ブレア首相はもともと好きな政治家でもあったので、彼に敬意を表して、良い意味でも悪い意味でも引っ掛かった部分をところどころ抜粋しながら、意訳で紹介していこうと思います。(リンク元は無料で読めるようです。全文・正確な文・具体的な歴史に興味のある方はリンク元をどうぞ)

 #結果的に彼の評判は(イギリス国民にとって)どん底に落ちたまま退任を迎えることになりましたが、彼が成し遂げた業績は多く、優秀な政治家だったなぁというのが個人的な感想です。シンプルな(時にシンプルすぎる)ロジックで感情に訴えかけるブッシュとは対極的に、自らの考えを言語的に緻密に位置づける能力に秀でていたという印象が。たとえこの文章が彼のポジショントークだとしても、「開きつづけること」というキーワードが似合う彼の最後にふさわしいものなんじゃないかな。

[下線部は訳者が個人的に共感したところ]
>>Read the rest of this entry

Tags 国際関係 | No Comments » | 1,917 Views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=189
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


Page 1 of 212»