科学と専門性と無知

2005/5/12, 15:49 by Gen

19:47:04
 現在の問題意識。科学は専門性を構成する。なぜ科学が専門性を構成するかといえば、わたしたちは細かいことをわからないから。鉄道の細かい技術論なんて知る意欲も暇もない。そこで、専門家集団を「信頼」し、「仕組みはわからないけど信頼してるから使うね」という状況が発生する。専門性と無知と信頼は三位一体だ。また、社会が要求する妥当性の基準と、科学共同体内部の妥当性基準は異なる。工学者・科学者・技術者の学会内部で弾き出された「正解」が、社会にとっての「正解」とは限らない。政策的な解答は、つねに社会と科学者集団の接点にある。両方を含めて、正解は「構成される」ものでなくてはならない。さらに、「責任の所在」の話を持ち出すと、非常に複雑で、繊細な問題となる。

>>Read the rest of this entry

Tags 社会(学), 科学/認知/進化/環境/身体 | No Comments » | 1,582 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=105
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


統計という思想

2005/5/11, 15:51 by Gen

20:20:04
確率とか統計ってあらためて凄いなと感じるわけですよ。ちなみに確率の本質的意味は、ルーズな基準を許すこと。ある命題を<真/偽>で判断する場合、どちらかに振り分けなければいけない。でも確率ならば、真から偽までのグラデーションの曖昧さを許可することになる。どちらともいえない命題が許可される。これは画期的なこと。いいかえれば、結論に対して寛容だということ。(お天気予報をあまり恨まないでしょ?)

>>Read the rest of this entry

Tags 科学/認知/進化/環境/身体, 思想/哲学/言語(学) | No Comments » | 2,257 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=104
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


情報は見えない

2005/2/12, 16:05 by Gen

23:21:43

 二十世紀の進化生物学は、一方で、人種差別や自民族中心主義など、さまざまな差別の「科学的」基盤として悪用されてきた。そのような歴史を繰り返さないためには、生命科学の動きを、常に人間の問題に環流していくことが必要だ。

 ‥「情報」は目に見えない。「遺伝子」も、実感がもてない。自分たちの「生命」がこういったものに還元されるのかという素朴な恐怖感を、多くの人々がいだいている。問題は、「情報」や「遺伝子」と、「人間」とが途切れているところにある。両者を結びつける回路を開くことだ。「情報」や「遺伝子」の科学を、身体感覚をもった物語として語ること。そのための道具立てが、今、真剣に望まれている。(佐倉統)

 その一助となるべく。

Tags 科学/認知/進化/環境/身体 | No Comments » | 1,865 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=98
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 votes, average: 3.67 out of 5)
Loading ... Loading ...


Page 5 of 5« First...«12345