責任と原因

2006/1/3, 14:38 by Gen

 「原因」というのは科学的な因果関係があるということです。それに対して、「責任」というのは社会的なルールによって決められた「義務」です。つまりその範囲はできるだけ予め決まっているべきものです。ここんとこやたら「責任」に関するトラブルが多いのは、それを予め決めておかない日本のやり方に綻びが出てきたということでしょう。予め誰の責任なのかはっきりさせていないので、まず、そこで紛糾する。そして、どれだけの責任なのかも曖昧なので、その時の雰囲気で無限に「責任」を取らされる。だから余計に自分の責任だと言えなくなる。これぞ正に「無責任スパイラル」ですよ。(生存適者日記

 責任と原因は違う。「故意かどうか」で刑期(=責任)が変わるのが一番わかりやすい例だろう。意図していようがいまいが、ある行為を行った事実や、その行為がある悲劇を生み出した事実(=因果関係)は変わらないのに、責任は変わってくるのだ。

>>Read the rest of this entry

Tags 社会(学), 思想/哲学/言語(学) | No Comments » | 1,846 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=143
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


ル・クレジオ『物質的恍惚』

2006/1/3, 14:37 by Gen

 ぼくが死んでしまうとき、ぼくの知り合いだったあれら物体はぼくを憎むのをやめろだろう。僕の命の火がぼくのうちで消えてしまうとき、ぼくに与えられていたあの統一をぼくがついに四散させてしまうとき、渦動の中心はぼくとは別のものとなり、世界はみずからの存在に還るだろう。・・・・もはや何ものも残らないことだろう。ぼくがあっただろうところのものの彼方にぼくを運ぶような傷跡一つ、思い出一つ残りはしないだろう。

 そして・・・いつの日か(その日は必ず来るのだが)世界からは人間の姿が見えなくなるだろう。人間の文明や征服の数々は人間と共に滅びてしまっているだろう。人間の信仰、疑惑、発明などの数々は消え失せていて、もはや人間のものは何一つ残っていまい。他のたくさんの事物が生まれ、そして死んでゆくだろう。他の生命形体の数々が姿を現わし、他の考えの数々が流通することだろう。そして、そのあと無定形の存在の共同体のうちにふたたび統合されてゆくのだ。それでも世界はつねに存在するだろう。それでもつねに何ものかがあることだろう。およそ考えうるかぎり遠い時間と空間との奥にも、なおも物質、消えることのない全的物質の現存があるだろう。

Tags 思想/哲学/言語(学) | No Comments » | 5,986 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=142
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


引用

2005/7/3, 15:05 by Gen

16:07:41
 色々な本を読めば読むほど納得してしまって自分の言葉を失ってしまう、何も書けなくなる、という人にはオススメ→「剽窃禁止というゲームの射程」(flapjackのbookmarkさん)。小論文で悩む受験生もこのパターンが多いんだよなぁ。

>>Read the rest of this entry

Tags 思想/哲学/言語(学) | No Comments » | 1,790 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=129
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


問いと答えの連鎖の歴史、に終わりはない

2005/5/27, 15:37 by Gen

00:19:16
 昨日の問題意識を再構成しておく。以前引用した文章だが、

 われわれは、思想というものはある特定の問題に対する一つの解答であることを、ともすれば忘れがちである。解答命題のみを思想とみて、その命題を生み出したところの問いを不問に付す。あるいは問いを問題にする場合でも、その問いを特定の問題状況における特定の問いとしてよりは、一般的・普遍的な問いとして捉え、この一般的・普遍的な問いにうまく答えたか否かによって、思想の優劣を判定しがちである。

 最先端の思想は過去の思想に優ると考え、最先端の思想をもって過去の思想の不備をあげつらう、いわゆる現在中心主義の歴史観は、問いについてのこのような見方に起因するといってもいいだろう。ポストモダニズムをもってモダニズムの思想を一刀両断に断罪しようとする最近の風潮も現在中心主義の一例である。

>>Read the rest of this entry

Tags 歴史/宗教, 思想/哲学/言語(学) | No Comments » | 2,397 Views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=113
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


いくつかの美しき断章

2005/5/24, 15:40 by Gen

04:31:00
 大好きな断章シリーズ第6弾。『バルト:テクストの快楽』より。

>>Read the rest of this entry

Tags 思想/哲学/言語(学) | No Comments » | 3,144 Views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://blog.genxx.com/wp-trackback.php?p=111
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...


Page 2 of 4«1234»